タグ別アーカイブ: 浦和レッズ ユニフォーム 通販

Jリーグ2018 浦和レッズ ユニフォーム

本日は、Jリーグ2018 浦和レッズ ユニフォームを簡単に紹介します。今シーズンの浦和レッズ ユニフォームにご興味がある方や新ユニフォームをお持ち帰りたい方はぜひご覧ください。

まずは、Jリーグに所属している浦和レッズの基本情報を紹介します。

浦和レッズのホームタウンは埼玉県さいたま市です。ホームスタジアムはさいたま市緑区の埼玉スタジアム2002です。略称は「埼スタ」です。

次は、今シーズン 浦和レッズ ユニフォームのデザイン情報を紹介します。

ホーム

 

浦和の新しいホームユニフォームは、赤を基調としたシンプルなカラーリングをベースに、肩から袖にかけて入れられたグラフィックが特徴のデザインです。初の試みとして、背面から両袖にかけて赤のトーナルカラーを用いており、クラブの象徴であるダイヤモンドの動きとカッティングの美しさを表現しています。

“Precision Tuned performance”をコンセプトとし、アスリートのパフォーマンス向上を目的に通気性や快適な着心地を追求。デザインは、初の試みとして、背面から両袖にかけて赤のトーナルカラーを用いて、クラブの象徴であるダイヤモンドの動きとカッティングの美しさを表現。繊細にデザインされたダイヤモンドの動きは、選手が着用することで、更なるスピード感と躍動感を感じさせます。

左胸のエンブレム上に星(★)が横並びで3つ付けられていますが、両端が2004年のJ1・2ndステージおよび2006年のJ1リーグ、真ん中の大きな星がAFCチャンピオンズリーグ2007の各優勝を表していた(2017年まで)。2018年からは、前年にAFCチャンピオンズリーグ2017にて優勝したことに伴い、左右2つの大きな星が2つのACL優勝を、その間の小さな星が2006年のJリーグ優勝を表すようにデザインが変更されました。

昨シーズンと同じ、ユニフォームの裾にはクラブの誇り“We are REDS!”をトーナルカラーで表現し、クラブとサポーターをつなぐシンボル(ハートの12)が、ユニフォームの内側に縫い付けられています。

アウェイ

アウェイはホワイトを基調にデザインしました。衿や脇にアクセントカラーとしてブラックを使用しました。ホームのような肩のグラフィックがなくて総体言えば、シンプルでクリーンな仕様となっています。衿や脇にアクセントカラーとしてブラックを使用しました。

2018 ネーム & 番号

  • 1西川 周作SHUSAKU
  • 2マウリシオMAURICIO
  • 3宇賀神 友弥UGAJIN
  • 5槙野 智章MAKINO
  • 6遠藤 航ENDO
  • 7武富 孝介TAKETOMI
  • 9武藤 雄樹MUTO
  • 10柏木 陽介KASHIWAGI
  • 11マルティノスMARTINUS
  • 14平川 忠亮HIRAKAWA
  • 15長澤 和輝NAGASAWA
  • 16青木 拓矢AOKI
  • 18山田 直輝NAOKI
  • 20李 忠成LEE
  • 21ズラタンZLATAN
  • 22阿部 勇樹ABE
  • 23岩舘 直IWADATE
  • 25榎本 哲也ENOMOTO
  • 26荻原 拓也OGIWARA
  • 27橋岡 大樹HASHIOKA
  • 28福島 春樹FUKUSHIMA
  • 29柴戸 海SHIBATO
  • 30興梠 慎三KOROKI
  • 31岩波 拓也IWANAMI
  • 38菊池 大介KIKUCHI
  • 46森脇 良太RYOTA

>>浦和レッズ ユニフォームの購入はこちらへ<<