タグ別アーカイブ: Jリーグ2018 ユニフォーム

Jリーグ2018 鹿島アントラーズ ユニフォーム

今回は、Jリーグ2018 鹿島アントラーズ ユニフォームを、ホームやアウェイをまとめて簡単にご紹介します。

まずは、鹿島アントラーズの基本情報やユニフォームのブランドを簡単に紹介します。

鹿島アントラーズは、茨城県鹿嶋市、神栖市、潮来市、行方市、鉾田市をホームタウンとして、日本プロサッカーリーグ(Jリーグ)に加盟するプロサッカークラブです。ホームスタジアムは県立カシマサッカースタジアムです。

2002年から、ナイキ株式会社が鹿島アントラーズ ユニフォームのサプライヤーになりました。2016年にはナイキと新たにサプライヤー契約を更新しました。2017年から推定10年の大型契約となりました。

では、Jリーグ2018 鹿島アントラーズ ユニフォームの詳細情報を簡単に紹介します。

ホーム

 

2018 鹿島アントラーズ ユニフォーム ホーム 半袖は伝統のディープレッドとネイビーのカラーコンビネーションを採用しました。ユニフォーム全体で、クラブの伝統と誇りを強烈かつ斬新に表現しました。濃淡をつけたボーダーを用いることで、スピード感と躍動感を表し、さらにダークネイビーのボーダーをワンポイントで使用します。グラフィックに奥行きを演出し、相手選手から距離感に錯覚をもたらす、これまでの固定概念を覆すようなデザイン設計となっています。

胸のスポンサーロゴの上部には、クラブスローガンである「FOOTBALL DREAM」が一貫して入れられていました。

右袖に入れられたロゴは、2017シーズンからリニューアルされたホームタウンマークです。調和を意味する球体の中で、ホームタウンを樹木の葉として表現しました。5つの葉(茨城県鹿嶋市、神栖市、潮来市、行方市、鉾田市の5市)が重なり合うことで、中央に「星」が現れるデザインとなっています。

また、2018 年からは、ユニフォームスポンサー「mercari」のロゴが鎖骨部分に新しく追加されました。

アウェイ

アウェイは、クラブ史上初となるホワイト×ホワイト×ディープレッドのカラーコンビネーションを採用しました。白のソリッドを採用することで、シンプルな仕様となっています。他のデザインはホームモデルと同じです。